ウーマン

車買取に失敗しない秘訣|買取価格を見比べよう

査定時のチェックポイント

車と虫眼鏡

移動手段として一番多く利用されている車ですが、現在は車の性能が向上していて、どの製品を購入しようか迷ってしまいます。搭載されている機能は実に様々で、自動でブレーキをかけてくれる、バックで駐車する際に後ろの様子を画面で見ることができるといったサポート機能が充実しているので、運転が苦手な女性や高齢者でも安全にドライブを楽しむことができます。しかし、車は長く乗っていると必ず古くなって買い替えの時期が訪れます。車の買い替えの際はディーラーや中古車専門業者に売却をする必要があるのですが、せっかく車査定をするなら高い値段を付けてもらいたいと思うはずです。そこで、車査定を成功させるコツを確認して、実践してみましょう。

車査定を成功させたいのなら、査定時にチェックされる場所を把握しておくことが大切です。車査定では主に外装や内装、走行距離、エンジン周りをチェックされるのですが、査定額を上げるためにも外装や内装を綺麗にしておきましょう。特にボディに傷がついていたり、汚れが付着していると本体価値が下がってしまうため、自分でできる範囲で修理しておきましょう。この時、無理に高いお金を出して修理に出すと本末転倒なので、あくまでも無理なく修繕できる範囲に止めておくべきです。また、内装を綺麗にするときはシートやフロアマットの汚れを払っておき、タバコの匂いなどがあれば消臭剤を使って消しておきましょう。さらに、走行距離が普通車で10,000キロ、軽自動車で80,000キロを超えていると車査定でマイナス評価を受ける可能性があるので、売るときは走行距離を確認すると良いでしょう。