ロゴ

ペット供養を業者に依頼した人の声を聞きました

HOME>Review>ペット供養をしよう~飼い主のけじめの付け方~

ペット供養をしよう~飼い主のけじめの付け方~

遺影

自分の子供のように可愛がってきた愛猫がある日急死してしまったら泣き崩れてしまうのも無理はありません。しかし、そのままにしておくわけにもいかないので、きちんと供養するのが飼い主の最後の努めです。

クチコミ

きちんとお別れすることができました

家族同然に一緒に暮らしていてペットが亡くなった時には、この先立ち直れないかと感じるほどの悲しみが襲ってきました。いつかはそんな日が訪れるのは頭ではわかっていましたが、あまりにも突然の事でしたので、気持ちの切り替えが難しかったのかもしれません。悲しみで落ち込んでしまいましたが、きちんとお別れをしなければならないとペット供養を大阪でお願いをする事にしたのですが、丁寧に対応してもらえて良かったです。きちんと個別で対応をしてもらえましたし、読経もしてもらえたので、供養が出来たと感じています。返骨もしてもらえましたので、これからもずっとそばにいてもらえる感じになり、寂しさも少しまぎれたような気がしています。
[30代 女性]

24時間対応している業者があったのでよかったです

仕事から家に帰った時に、ペットが動かなくなっているのを発見して、すぐに病院に連れて行きましたが、もうすでに亡くなっていました。最期の時に一緒にいてあげられなかったのは本当に申し訳なかったですし、もうこれからは家に帰っても出迎えてもらえないと考えると涙が止まりませんでした。悲しみに打ちひしがれてしまいましたが、このままにしておくわけにはいきませんので、ペット供養をしてくれる業者に連絡をしてみました。もう夜遅かったですので、対応してもらえないのではないかと考えながら電話をしましたが、すぐに電話に出てくれて今からでも対応してくれるという事でした。24時間対応してくれる大阪の業者があったので、遅い時間でもペット供養が出来て助かりました。
[40代 男性]